バイクの事故原因とバイク保険

バイクの事故原因とバイク保険

バイクの事故原因とバイク保険 バイクが絡んだ交通事故の半数以上を占める車との接触事故であり、バイク単体での事故が次に多く、一番少ないのが対人との事故だそうです。この中で、車との接触事故の場合は、車にも過失責任が認められる場合が多いので、バイク保険の大切さをさほど実感しないこともありますが、バイク単体での事故である場合には、バイク保険の任意保険加入の大切さが実感できます。

バイクの保険には、強制加入の自賠責保険がありますが、これは被害者への補償しかないため、自分自身への怪我の補償や事故で壊れたバイクの修理などへの保障を受けたい場合には保証されません。これらの保障を受けたい場合には、バイク保険いわれる任意保険への加入が必要となります。

主に5種類あります。1つは、自賠責では保証が足りなかった場合の被害者への補償を補うための対人補償保険です。自賠責の保障を超える保障額を保険金額を上限として支払われます。次に対物賠償です。これは、電柱やガードレールなどを損壊させてしまった時に保証されます。

次に人身傷害保険・搭乗者傷害保険は、バイクに搭乗している運転者や同乗者の怪我などを保障します。最後に、バイクの損害を補償する車両保険です。これらの任意保険はバイク事故に強い味方となります。

最新投稿