バイク保険の過失割合

交通事故による保険金の支払い額は、過失割合によって決まります。例えば、片方が飲酒運転をしていて、片方が信号などをきちんと守っていた場合、過失割合により損害賠償額が決まります。過失の多い方が、より高額の保険金を支払うことになります。

損害賠償額を決める際に、バイク保険で過失割合の決め手となるポイントがあります。過失が大きくなる例としては、飲酒運転、居眠り運転、速度違反などがあげられます。被害者と加害者に分かれますが、損害の大きい被害者であったとしても、信号無視や前方不注意などの過失があればその分減点されます。

信号のある横断歩道などは、信号無視が過失となりますが、信号のない横断歩道になると判断が難しくなります。目撃者がいない場合もあり、事故の加害者と被害者とで双方の言い分に食い違いが出ることもあります。いずれの場合も、保険会社が加害者と被害者との間に入って事故の検証を行い、バイク保険で損害賠償額を決定することになります。

バイク保険では事故の対象が車か人かでも、過失割合が違ってきます。大型車と事故を起した場合は、バイクの方が過失割合は低くなりますが、人を相手に事故を起した場合は、バイクの方が不利になり、過失割合が高くなります。